相続税~個人

相続税とは親族などが死亡したことにより、財産を譲り受けた者に対してかけられる国税のことです。 また、遺言によって財産を譲り受けることを遺贈とよび、この場合も相続税がかけられます。
相続または遺贈により財産を取得した人がその取得した財産を相続税の申告期限までに慶應義塾に寄付した場合、その寄付金額には相続税が課税されません。

遺贈による寄付   相続財産による寄付

相続税の申告期限は被相続人の逝去の翌日から10か月以内とされています。
非課税の扱いを受けるには、慶應義塾発行の領収証と「相続税非課税対象法人の証明書」(慶應義塾からの申請により文部科学省が発行)が必要です。証明書の発行までに約2ヶ月かかりますので、お早めにご相談ください。

慶應義塾は文部科学省から特定公益増進法人の証明を受け、慶應義塾に対するご寄付は所得税・相続税・法人税の税法上の優遇措置を受けることができます。また一部の自治体では、個人住民税の税額控除の対象となります。