画像1 画像2

2016年度事業報告

2016年度の維持会事業についてご報告いたします。
維持会基金の運用益により維持会事業費全体で71,987,840円を助成しました。


慶應義塾維持会奨学金

67,500,000円


「慶應義塾維持会奨学金」は、経済的理由により修学が困難な塾生に対して、勉学に専念できる環境を整えることを目的に2007年度に創設しました。2016年度は353名の応募があり、厳正な審査を経て、37都道府県・海外出身者、計112名の塾生に支給しました。


キャンパスの施設整備資金

2,987,840円


大学キャンパス(三田)第1校舎南側中庭掲示板改修工事費を助成しました。


障がいのある学生への学業奨励金

500,000円


義塾では、障がいのある学生に対し、これまでに授業支援、塾生ボランティアによるサポート、利用施設の改善等の修学支援を実施してきました。特に重度の障がいがあると認められた学生のうち、学習上特別な支出が必要になり経済的に学業に専念することが困難な者に対して、学費充当とする学業奨励金にて支援を行いました。


「福澤諭吉記念文明塾」の運営資金

1,500,000円


未来貢献のために学ぶという志を持った学生と社会人を集め、「対話と議論」を中心とした3ヶ月の教育プログラムを年2回開講しています。維持会からこの資金を助成しました。
「福澤諭吉記念文明塾」への財政支援

◆詳しくはこちらをご覧ください。
⇒福澤諭吉記念文明塾

アントレプレナー支援資金

2016年度は該当がありませんでした。

◆詳しくはこちらをご覧ください。
⇒研究連推進本部

その他の活動

維持会常任委員会の開催

(2016.7.7)

維持会員の代表である維持会常任委員の方々に維持会の状況を報告し、意見をいただきました。


懇話会の開催

(2016.7.7)

維持会常任委員と維持会奨学生との懇話会を開催しました。奨学生からは維持会への感謝の言葉と、充実した学生生活、卒業後の進路、将来の夢が語られました。笑顔と会話の絶えない和やかな懇談の場となりました。


維持会ニュースレター(No.9)の発行

(2016.9.9)

維持会の活動をお伝えするために「維持会ニュースレター」を発行しました。


奨学生のメッセージ
2013年度の事業報告
Copyright (C) 慶應義塾/Keio University.All rights reserved.