画像1 画像2

2017年度事業報告

2017年度の維持会事業についてご報告いたします。
維持会基金の運用益により維持会事業費全体で77,890, 409円を助成しました。


慶應義塾維持会奨学金

73,100,000円


「慶應義塾維持会奨学金」は、経済的理由により修学が困難な塾生に対して、勉学に専念できる環境を整えることを目的に2007年度に創設しました。2017年度は408名の応募があり、厳正な審査を経て、38都道府県・4海外出身者、計119名の塾生に支給しました。


キャンパスの施設整備資金

2,290,409円


大学院校舎6・7階大学院生研究室用事務椅子の購入費を助成しました。


「福澤諭吉記念文明塾」の運営資金

1,500,000円


未来貢献のために学ぶという志を持った学生と社会人を集め、「対話と議論」を中心とした3ヶ月の教育プログラムを年2回開講しています。維持会からこの資金を助成しました。
「福澤諭吉記念文明塾」への財政支援

◆詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒福澤諭吉記念文明塾

アントレプレナー支援資金

2017年度は該当がありませんでした。

◆詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒研究連推進本部

その他の活動

維持会常任委員会の開催

(2017.7.6)

維持会員の代表である維持会常任委員の方々に維持会の状況を報告し、意見をいただきました。


懇話会の開催

(2017.7.6)

維持会常任委員と維持会奨学生との懇話会を開催しました。今年度採用された119名の奨学生の中から36名が参加し、終始和やかな懇談の場となりました。奨学生を代表して2名の塾生から、維持会への感謝の言葉と充実した学生生活の様子が述べられました。


維持会ニュースレター(No.10)の発行

(2017.9.15)

維持会の活動をお伝えするために「維持会ニュースレター」を発行しました。


奨学生のメッセージ
2013年度の事業報告
Copyright (C) 慶應義塾/Keio University.All rights reserved.