画像1 画像2

 慶應義塾は、福澤先生の「全社会の先導者たらん」という志を胸に、あらゆる分野にわたって社会に貢献してまいりました。その中で慶應義塾維持会は、福澤先生ご逝去の直後、師の学問を継承して義塾の存続と発展を願わんとする社中によって設立されました。爾来、維持会は社中協力の礎となり、義塾の発展を財政面から支え続けています。維持会奨学金を中核とした維持会の事業は未来を担う塾生の大きな支えとなっています。
 ここに一人でも多くの皆様が維持会の趣旨にご賛同いただき加入されることを心からお願い申し上げます。

慶應義塾維持会会長
慶應義塾評議員会議長
岩沙 弘道

 慶應義塾維持会は、社会の先導者たらんという創立者福澤諭吉の精神を後世に伝えるべく、長きに亘り財政面から慶應義塾を支えてまいりました。また、義塾は日本を代表する教育研究機関として、社中一人ひとりの愛塾精神の上に築かれ、社会の発展に大きく寄与してきました。今後も慶應義塾が、教育、研究、医療の分野において国際社会に貢献し続けるためには、強固な財政基盤の確立が不可欠です。社中の一員である皆様におかれましては、上記趣旨にご賛同いただき、維持会を通じて慶應義塾との結びつきを一層深めていただきたく存じます。
 伝統ある維持会へのご加入を切にお願い申し上げます。

慶應義塾長
長谷山 彰

奨学生のメッセージ
2015年度の事業報告
Copyright (C) 慶應義塾/Keio University.All rights reserved.