画像1 画像2

 1901(明治34)年2月3日、福澤諭吉の逝去に伴い、義塾社中の人々は義塾の運営に資するための方策を真剣に討議しました。その結果生まれたのが「慶應義塾維持会」です。慶應義塾は「義塾(パブリック・スクール)」の名が示すとおり、社中の協力と共同責任において維持・運営されるものであり、維持会の組織化はそうした義塾の理念を具体化したものといえます。

 現在、維持会員数は約45,300名を数え、会員の皆様からのご厚志による維持会基金は、約34億円に上っております。2007年度にはこの基金の運用益を充てることで「慶應義塾維持会奨学金」を創設、愛塾心に富んだ優秀な塾生の経済的負担を軽減し充実した学生生活を送れるよう支援しています。また、義塾の教育・研究の振興、施設の拡充などに幅広く寄与しています。

 義塾のさらなる発展のために、維持会の活動にご協力くださいますよう心よりお願い申し上げます。

慶應義塾維持会規程

慶應義塾維持会式典
奨学生のメッセージ
2015年度の事業報告
Copyright (C) 慶應義塾/Keio University.All rights reserved.