遺贈による寄付

卒業生在学生保護者篤志家教職員

近年、遺言に対する関心が高まっており、自分の願いを将来確実に実現させる方法として、遺言書を作成される方が増えています。また同時に、慣習にとらわれない自由な相続を求める傾向が強まっています。
築き上げた財産の一部を慶應義塾へ寄付することで社会に貢献したいとされる方々のために、慶應義塾では信託銀行と提携して「遺贈による寄付制度」を設けております。

本制度についてご関心のある方は、ぜひ慶應義塾基金室までお気軽にご連絡ください。ご相談を承り、提携信託銀行のご紹介など、ご意向に沿った遺贈がなされるようご支援させていただきます。

日本と世界の未来を切り拓く若者を育むために、また研究・医療を通じて慶應義塾が社会に貢献し続けるために、是非とも本制度へのご理解とご活用を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

遺贈による寄付制度のしくみ

遺贈による寄付制度のしくみ